JAMES ジェームスVilliers -1

サーバーのDB更新をミスって下書き分を含め約6か月分が飛んでしまいました。もともと大した頻度で更新していないのでいいのですが、ビリアーズ関連の記事がまるっとなくなってしまったので、覚えている範囲内でまとめます。

Francis BarnetのFALCONを探していたのですがマイナーな車両故、なかなか出てこずあきらめていたところ、国内でFALCONと同エンジンを積んだJAMESを見つけ迎え入れる事にしました。JAMESもFALCONもVilliers社のエンジンを使用しています。Francis BarnetのFALCONは1950年代当時のISDTで中々健闘しているようですので、当時としては出来の良い車両だったようです。

ちなみにこちらが、Francis BarnetのFALCONです。カッコいいですね~。

そんでこれが、JAMESです。ツールボックスでシート下のフレームの構造が見えませんが、Francis Barnetとはフレームの作りが違います。全体的にJAMESの方が華奢な気がします。Francis BarnetのようなPRE65ぽくしようと思っていたのですが、良い感じに外装がヤレておりリペイントももったいないので、華奢なフレームが際立つ50年代ティーン風しょぼチョッパーを作ることにしました。

早速、エンジンの始動確認です。前オーナ曰く、クラッチが滑ってエンジンを掛けれないとの事でした。試しに蹴ってみましたが手ごたえ無し。コルクは前オーナーお手製の物が取り付けられていました。良く出来てますね。厚みもそこそこあるし、滑りそうもないんですが。。正常なクラッチスプリングの長さが解らないのですが、ここが原因で間違いないでしょう。イギリスに一か所辺り0.7ポンドで張り替えてくれる激安ショップがあるので頼むことにしました。送料に13ポンド位取られたので、結果50ポンド位の支払いですね。。。これなら国内で頼んだ方が良かったかも?

ライナー屋に聞いても仕方がないと思いつつ。。。クラッチスプリングの在庫が在るか聞いたところ、持っていました。聞いてみるものですね。張替後に一緒に送って頂きます。

クラッチをまっている間に進められるところを進めます。まずはタンクの洗浄。混合のためタンク内はオイルで良い感じにコーティングされており、穴や気になる錆はありませんでした。今回はタンククリーナーを入れて放置で終了です。タンククリーナーはモノ太郎のオリジナルのヤツを使いました。

不要な電装類も外していきます。

ウインカーは何の流用でしょうか?四角い長方形のヤツが付いていました。チェーンカバーには謎のバンド(ケーブル固定用)が付いていたので、除去しました。リベット固定です。この写真だとわかりにくいですが、配線も所々グシャっとなっていましので、使えないのかな?

ブレーキスイッチは機能を失い、さびた塊と化しております。

ブレーキアームも痩せてガタガタなので、作り治す事にしました。

手抜きですが、これでしばらくは大丈夫でしょう。画像は無いですが、ロッドも作り治しました。

 

次回に続きます。

 

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 荻野 延治 より:

    当時物で 生き残りは そう多くはないと思いますが
    九州からの にゅうしゅ?では

    1. Gaku より:

      荻野様
      お世話になっています。
      少し前のため不確かですが九州(北九?)の方だった気がします。もしかしてご存じの車両でしたか?

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください